乾燥機能付き縦型洗濯機をオススメする理由!実際に使っている私がオススメします。

 

みんなの憧れである「ドラム型洗濯機」。

 

今風に言えばなかなかに映える家電だと思います。

 

それだけ存在感がある白物家電です。

 

そんなドラム型洗濯機ですが、コストがネックではありませんか?

 

価格が安くなってきたとはいえ、高額には変わりありません。

 

そこでタイトルにあるように私がオススメしたいのが縦型洗濯機です。

 

その中でも「乾燥機能がついた縦型洗濯機」です。

 

決してドラム型洗濯機に負けないと自負しております。

 

洗濯機購入レビュー記事を書いているのでよろしければこちらもお読みください。

 

 

コスト

まず第一にコストです。

縦型洗濯機はドラム型洗濯機に比べてコストが安いです。

ドラム型洗濯機は10万円を超えている物が普通ですから、手が出しづらいと思ってしまいます。

反面、縦型洗濯機であれば10万円を切る値段で買えてしまいます。

ちなみに、私の使用している縦型洗濯機(乾燥機能付き)は6万円強でした。

 

 

設置スペース

ドラム型洗濯機は意外とスペースを取るんです。

設置スペースの構造によってはドラム型洗濯機は諦めざるを得ません。

縦型洗濯機の場合は構造がシンプル故に省スペースな物が多いです。

私の場合は設置スペースの関係で、ドラム型にする場合は機種が限定されてしまったことから縦型洗濯機としました。もちろんコストが安かったことも関係しています。

 

 

 

上記コストの理由から私は縦型洗濯機(乾燥機能付き)をオススメしています。

この乾燥機能というのが便利で、一度使ったらこの機能なしは考えられません。

洗濯物を干す手間がいらないわけですから、大変「楽」ができます

 

一方でドラム式に比べて乾燥機能が弱いというのがあります。

たまに半乾きのものがあったり、シワができたりというデメリットがあります。(とはいえドラム式も全くシワでできないというわけではありません)

これについて私は、半乾きにならないよう乾燥時間を長くしたり、シワができてもよい衣類(主にインナー)を中心に乾燥するというように運用面で工夫をし解決しています。

 

最後に、この記事はドラム式洗濯乾燥機を批判しているものではなく、「コストの安い縦型洗濯機という選択肢もあるよ」というものです。

 

デメリットは運用面で改善するとして、コストが安く楽ができるようになる「縦型洗濯機(乾燥機能付き)」を導入して生活の質向上を行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です