フードロス予定の商品を通販で購入できるサイトまとめ

フードロスという言葉はご存知でしょうか?

 

最近よく聞くようになったという方は多いのではないでしょうか。

 

今回の記事はフードロスに関連する商品の通販サイトのうち、私がおすすめサイトを紹介します。

 

フードロスとは?

フードロスとはどういう意味なのでしょうか?

 

「食べられるはずなのに捨てられてしまう商品」のことです。

 

日本では本来食べられるのに捨てられてしまう食品は年間612万tにのぼるという数値(2018年度推計値)がでています。

引用元:農林水産省

※農林水産省では「食品ロス」という表記をしています。

 

ではどんなものがフードロスにあたるのでしょうか?

  • 規格外野菜の廃棄
  • 賞味・消費期限切れで廃棄される商品
  • 発注しすぎて売れ残って廃棄される商品
  • レストランの予約キャンセルなどで廃棄せざるをえない商品

私が思いつくものでもこれだけあります。

 

基本的にはどれも食べられるはずの商品ですよね。

 

 

フードロス通販サイト紹介

それでは私が選ぶフードロス通販サイトを紹介していきます。

 

豊洲市場ドットコム

 

運営会社さんが豊洲市場から仕入れた商品を販売しているサイトです。

 

豊洲市場ではマグロなどの生鮮魚介類をはじめ野菜・フルーツなど旬の食材が毎日、全国各地から入荷し、競りにかけられています。
その中で私たちは、大量入荷でなかなか買い手が見つからないものや、傷やスレがあって見た目が良くない“訳あり品”、サイズが規格外などの理由から行き場に困っている食材をたくさん見てきました。

それらの多くがその場で鮮度が落ちてしまい、信じられないほど安く買い叩かれて加工に回されるか、ディスカウントストアに並ぶか、場所を移して廃棄されています。

市場に入荷するのは、例外なく、生産者が丹精込めて育てた素晴らしい食材です。

豊洲市場で青果の売参権を持ち、食品通販サイトを運営する私達だからこそ、一般流通しにくい食材もいち早く格安で仕入れ、新鮮なうちにお届けし、日本のフードロス削減に貢献します。

引用元:豊洲市場ドットコム

本サイトの市場の掘り出し物ページでは訳アリ品(傷・スレなどあるが品質には問題ない商品)をはじめとする様々な商品が販売されています。

豊洲市場といえば水産品のイメージが強い方が多いと思いますが、このサイトでは果物、野菜、肉、惣菜、スイーツ、飲料など幅広いジャンルの商品を扱っています。

幅広いジャンルを扱っていますが、やはり「豊洲市場」ですので水産品は一見の価値ありです。

 

豊洲市場ドットコム

 

TABETE

 

飲食店で廃棄の危機にある商品をレスキューできるWebプラットフォームです。

iOS・Androidアプリでレスキューに参加することができます。

 

iOS版のダウンロード

 

 

Android版のダウンロード

Google Play で手に入れよう

 

様々なレストランを含む飲食店の商品を通常の販売価格よりも安く購入(レスキュー)できます。

有名な飲食店も登録されていますよ。

 

TABETE は廃棄の危機にある食事を手軽にレスキューできるWebプラットフォームです。 まだおいしく食べられるけれど、閉店時間や賞味期限などの理由からお店が捨てざるを得ない状況から、TABETEユーザーが食事を救い出すことができます。そんな TABETE は、「ユーザーよし」「お店よし」「環境よし」と、みんながハッピーになれる「三方よし」の社会派ウェブサービスです。

引用元:TABETE.ME

 

レストランは廃棄を防止でき、消費者は通常よりも安く商品を購入できる。

まさにWIN-WINの仕組みですね。

 

登録店舗が少ないのが惜しい点ですが、今後さらに増えていくことを期待します。

 

TABETE

 

 

kurashiru store

 

料理レシピ紹介サイトとして有名なkurashiruの通販サイトです。高級な商品が並んでいますが、賞味期限切れ商品が安く販売される時があります。

ホテルオークラのスープ・シチュー・ハッシュドビーフ詰め合わせは特におすすめです。

現在はイベント・外出自粛を受けて影響を受けた飲食店の応援企画「食べて街のお店を応援しよう!」を開催しています。

 

kurshiru store

 

 

うまいもんドットコム

 

日本のみならず世界中の食材を含めた幅広いジャンルを扱っており、一般のスーパーには並んでいないような珍しい商品が多いです。

 

地元ではその価値に気づかない、普段の食卓に並ぶ伝統食や、数が極めて少ない素晴らしい、幻の美味は沢山あります。そうした食の価値を皆様に伝えることが私達の使命です。

単にお腹が満たされる食ではなく、感動する食・嬉しくなる食・楽しくなる食に出会えた時こそ、本当の満足感はあると思います。

背景には生産者の苦労や地域の伝統など、食文化の伝承に重要な要素も見え隠れします。『胃袋を満たすだけではなく、心も満たす食』それが、うまいもんドットコムの魅力でもあります。

引用元:うまいもんドットコム

フードロスという観点から私がおすすめしたいのが、本サイトの食べて応援学校給食キャンペーン」です。休校などで学校給食とりやめの影響を受けた給食業者さんを支援するものです。

 

キャンペーンの対象商品は送料無料の上、大量に安く購入できるようになっています。

 

給食に使用される食材と言うことで、魚の切り身など1食材当たりのサイズが小さいものもあるので、一人暮らしの方も使用する上で困らないでしょう。とはいえ、どれも1商品あたりの量が多いので冷蔵庫・冷凍庫の空き状況はよく確認の上、購入しましょう。

 

注目度が高いためか、最近では売り切れが目立ちます(泣

 

うまいもんドットコム

 

 

KURADASHI.jp

 

社会貢献方フードシェアリングプラットフォームと称して、販売されている商品に社会活動団体への寄付金が設定されており、商品が購入されることで社会活動団体へ寄付される。

 

KURADASHI.jpで商品を購入することがそのまま社会貢献になるというものです。

 

KURADASHI.jpとは、お買い物を通して様々な社会貢献団体への支援ができ、気軽に継続的に社会貢献できるショッピングサイトです。

引用:KURADASHI.jp

 

食品のみならず、美容商品、日用品まで幅広い商品を扱っておりディスカウント価格で購入できます。

基本的に1箱単位といったある程度まとまった商品の販売方法ですが、どれも1袋・1個単位の値段が分かるようになっており、非常に見やすくコスト計算がしやすいと感じました。

 

自分がどれだけ貢献したか分かる(キズナポイント)ようになっているのもうれしいところです。

 

社会貢献を前面に押し出している上に大手企業をはじめとする数多くの企業が協賛しており、注目度の高さが伺えます。

 

KURADASHI.jp

 

 

 

フードロス通販サイトを利用する利点

販売者・消費者の両方にメリットがあります。

 

販売店

捨てられるはずだった商品を販売できる、売り上げにならないはずだった商品を、売ることができるのでメリットが大きいです。

 

消費者

フードロス防止に貢献できる、場合によっては商品を安く購入できる事があります。

 

 

さいごに

この記事では、フードロスとは?という部分からフードロス通販サイトの紹介までを行ないました。

紹介させて頂いたサイトは私が特におすすめするものです。

 

まだ食べられるものを廃棄するのは本当に“もったいない”ですよね。

 

上でも紹介しましたが、販売者・消費者の両方にメリットがあるフードロス通販サイト、今すぐに訪問してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です