健康

座り仕事の誘惑について

更新日:

f:id:yuji-hy:20190422214334j:plain

以前、立ちワークと称してこれまで座っていた座り仕事に相当するものを立って行おうという記事を投稿しました。

https://yuji-hymziwt.com/2019/04/20/sitdown/

 

この立ちワーク(自称)は今日現在まで続いておりますが、あるときちょっと疲れたからと、座ってブログを書いていました。

そうすると、スマホの着信が気になったり、テレビのリモコンについつい手を伸ばしたり、テーブルに置いてあるお菓子を食べたりと全く集中できていませんでした。

ここには、すでに挙げていますが、下記のような様々な誘惑があったわけです。

・スマホ

・テレビ

・お菓子

・眠気

ざっと挙げてもこれだけあります。細かいところで言えば、寝室なので布団・枕など昼寝を連想させるものも挙げられます。

「座る」という行為は一定のリラックス効果があるためなんでしょうか、全くブログが手につきませんでした。

一方の立ちワークではなぜか集中できてしまいます。

これはやはり立っていることにより、一定の緊張感が生まれるからでしょうか。

寝室ではなくキッチンがある部分の廊下に移動するという、物理的に移動していることもあってか、一定の集中力が生まれることが分かりました(あくまで私の場合であり、万人に当てはまるとは限りません)。

みなさんも一度試してみるとお分かりなると思いますが、「立ち座り立ち」と日によって変えながら仕事をしてみることで、「座ることによる周りの誘惑」がどんなものか経験できると思いますよ。

これを経験した上で立ちワークに目覚めて自分を高めていければいいですね。

-健康

Copyright© 生活の質向上委員会 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.