一度にやろうとしなければ余裕ができる

あれも、これも、やらないといけない。現代はやることが多いです。

パソコンが登場した時は人間の負担が軽くなるなんて話もあったようですが、2019年となったいまでも人間の負担は軽くなるばかりか、むしろ増しているように思えてなりません。

今日のテーマは「一度に全てやろうとしない」です。

結果から言ってしまいますと、一度に全て片付けようとしないで、少しづつ積み重ねることで余裕ができる。その上、結果が良くなるといったものです。

私の体験談からですが、ブログタイトルにもあるように私は大変せっかちです。

そのため、なんでも一回で片付けようとしてしまっていました。

例えて言えば(実際あった話)、ドラクエのストーリーを短時間で序盤から終盤まで進めてしまおうと言ったものです。

これをやってしまうと、以下のような弊害(デメリット)がありました。

・時間を割くため疲れる

・ストーリーが楽しめない

・飽きるのが早くなる

上記のことから全く楽しめていないことに気づきました。

(結果的に飽きてしまいました)

そして、この反省を生かして別のゲームでは、1日のゲームは2時間までとか、せめて1章が終わるまで。と決めてやってみたところ、上記のデメリットが生まれず終盤まで楽しむことができたんです。

さらにサブストーリーや武器集めなどのやり込み要素まで、110まで楽しめました。

私的にはこれを加味して「結果がよくなった」と思っています。

仕事でもそうですが、一度に全て片付けようとすると焦ってミスをしたり、工程を忘れたりということがありますが、前々から準備をして余裕を持って進めているとすんなりと事が運ぶということがよくあります。

みなさんにもこのような経験はありませんか。

私は今でも稀に「一度に全てのことをやろうとしてしまう」事がありますので、こうならないようにという自分へのメッセージの意味で当記事を投稿しました。

「継続は力なり」やはりこれに尽きるんですね。

一度に全てのことをやろうとせず、コツコツと余裕をもって物事を進めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする